August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

最後の大会、ダブルス・ベスト8!!走行距離5000km、、、まもなく遠征終了。

14歳以下テニスヨーロッパ・ドイツ大会を終え、デュッセルドルフに戻ってきました。勝っても負けても最後の試合であったダブルスは快勝しベスト8、しっかりと勝利で締めくくってくれました。ただ、終わった直後の私の複雑な気持ちといったら。。。せめてもう1試合、、、きりはないですが、どうしてもそう思ってしまいます。大会側にも交渉はしてみましたが、もちろん認められず、すでに女子ダブルスのメインドローにもWalkoverと記載されています。勝って終われましたので良しとするしかありません。

 

それにしても、なんとも内容の濃い3週間の遠征でした。自分自身が企画したにもかかわらず、全てを思い出すには少し頭の中を整理する時間が必要です。今回は車での移動も多く、走行距離が5000kmを超えました。ドイツから遠く離れた西フランスで行われた大会には、日本のトップジュニアである限りどうしても出場してほしかったため、今回のような遠征内容となりました。通常はもう少し近隣国同士のスケジュールを組んで大会に出場したり、アカデミーでレッスンを受けることを企画していきたいと思っています。 

 

最終日は午前中練習して、大会も移動もよく頑張ってくれましたので、思い出に残る(であろう)ランチを最後に経験してもらいます!

                                                      

私達にとっては大会最終日、いよいよ日本帰国の準備です

http://truffle-kyukaku.com/

 

現在行われている14歳大会に向け、先週金曜日から入り5日目が経過しました。残念ながら愛央選手のメインドロー1回戦は敗退し、残すは本日行われるダブルスとなりました。もともとはシングルスの予選から挑戦することがメインでしたので、ダブルスのメインドローに入れたことは幸運な事でした。今回の遠征は幸運なことが付いてきてくれています。。。

 

ただ、2人の帰国が明日に迫っており、万が一本日勝ったとしても明日のスケジュールを考えるとリスクが高いため、今大会は残すところダブルス1試合のみとなり、それが終わればすぐに3時間かけて車でデュッセルドルフへ戻り、明日の帰国準備となります。明日も午前中2時間は、デュッセルドルフテニスアカデミーのコートを借りて練習します。2月14日に到着した日も練習しましたし、最後まで良く体を動かせれていると思います。

 

明日の空港見送り最後までしっかりとサポートしていきたいと思います。

ジュニア選手の指導担当コーチや両親へ伝えかけるドイツテニス協会の取り組み

http://truffle-kyukaku.com/

 

今週ドイツで行われている14歳以下テニスヨーロッパ大会。ドイツからは、特に男子13歳と14歳のベストメンバーが名を連ねています。もちろん、それぞれの地域コーチや選手の親も応援に来ていますが、その中で、月曜日のメインドローが始まる日の約2時間、ドイツテニス協会公認のジュニア選手担当コーチや親向けに対するセミナーが行われました。決して大人数ではないですが、ジュニア選手の試合に対する取り組みや目標設定、食事の摂取方法などテーマは幅広く、長めの質疑応答が設けられながら行われていました。

 

講師は、現在14歳以下男子ナショナルコーチに就いているゲラルド氏。大会期間中も予選初日から足を運び、遅くまでそれぞれの選手の試合をみたり、個人的に親やコーチと積極的にコミュニケーションをとっている姿を何度も見かけています。同氏曰く、「どこどこ地域からというよりも、(たとえトップ選手であっても)年代によってテニスに対する取り組み方や知識の量は異っている。」と言います。

» read more

愛央選手が14歳以下ドイツ大会で予選突破!

http://truffle-kyukaku.com/

 

ドイツで行われている14歳以下テニスヨーロッパ大会。愛央選手が、予選2試合をストレートで勝ち上がり本日からのメインドローに自力でインしました。この時期、他国ではあまり大会が開催されていないため、テニスヨーロッパランキングTOP50〜100も集まり、グレード3にしてはレベルの高い大会にもかかわらず、よく健闘しています。

 

もうすぐ日本帰国日も近づいていますが、何とか1日でも多く残ってほしいと思います。ダブルスもまだメインドロー出れるか分かりませんが、サインインをしました。

 

愛央選手はこの大会で結果を出しつつあり、心央選手も前回のフランス12歳以下大会でシングルス・ベスト16、2選手のダブルス・ベスト4。自分達でしっかりとテニスヨーロッパの今後の可能性を開いていっています。私も日本人選手にこのようなサポートをメインにしていきたいと考えていましたので、大変嬉しく思っています。

 

結果によっては、帰国日となる日にデュッセルドルフに戻らなければならない可能性もありますが、最後までベスト尽くしてほしいと思います。

 

ホームページ http://www.masato-sugita.com/

 

練習、会場入り、そしてまた練習

http://truffle-kyukaku.com/

 

本日土曜日からの試合のため、昨日試合会場に入りサインインを済ませました。これから1つ上の年代カテゴリーである14歳以下に挑みます。2回勝ち上がればメインドロー。遠征3週間の最後の大会、前大会のフランス大会よりも体格の違う選手がたくさんいますが、体調も良さそうですし頑張ってもらいたいと思います。

 

この大会に向けて、昨日は試合会場近くを拠点にしているドイツでも非常に重要なアカデミーを知り合いのコーチ通じて紹介してもらい、1時間トレーニングさせて頂きました。元トップ選手のニコラス・キーファー氏やドイツテニス協会公認コーチの重鎮や各年代トップジュニアも多く在籍しています。

» read more

ロバート・オーリック氏のアカデミーでトレーニング始まりました

http://truffle-kyukaku.com/

 

ドイツに戻り、昨日の月曜日からケルン近郊にあるアカデミーで愛央選手と心央選手のトレーニングが始まりました。室内ハードコートで複数のコーチのもと、じっくりと基礎練習、そしてドイツジュニアとヒッティング。これをベースに明日の水曜日まで、午前と午後のオンコート最低4時間とフィットネストレーニングを加えてスケジュールされています。

 

今回お願いしたアカデミーを仕切っているコーチである、ロバート・オーリック氏。これまでに実績を残してきた複数のドイツ女子プロ選手の指導に携わり、表面的な書き方だけではなく、非常に信頼のおけるコーチです。全ての選手のランキング向上に貢献し、ほとんどの選手がTOP50もしくはTOP100に入ってきています。初日から選手に混乱が起きないようなアドバイス方法でトレーニングが進んでいきました。

 

» read more
<<back|<33343536373839404142>|next>>
pagetop