November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ドイツジュニア選手権2018

www.truffle-kyukaku.com/

 

昨日から、ドイツで開催されている夏のジュニア選手権大会に合わせて会場入りしています。ドイツの大会の中でも歴史ある1つで、1976年から始まり過去には男子はベッカー氏、シュティッヒ氏やズべレフ選手、女子もグラフさんやケルバー選手など世界で活躍している選手達が出場していました。

 

ドイツのジュニア選手と関わる中で毎回よく思いますが、先輩後輩の上下関係をぬきに非常に統率の取れている(周りからみると仲の良い)チームがほとんどです。チームというのは、ドイツの中でも各州にテニス協会が設けられ、協会コーチがその州から選出された選手達を引率します。大きく分けて16州からなり、それぞれが大きなトランスポーターで、場所によっては片道5〜6時間かけて会場入りするチームもあります。チーム内の13歳のジュニアが16歳のジュニアに対しても結構言う事を主張したり冗談言い合いながら笑い合う光景を幾度となく見てきました。そして、反対に12〜13歳のジュニアが悔しい敗戦となった後は年上の選手達がなぐさめたりなど。。。年齢関係なく、同じ州の中でトレーニングや遠征など1年を通して定期的に接しているためである事は間違いありません。

 

これらは、私自身がドイツに長く住んでいても、日本でジュニア時代にはやはりはっきりとした上下関係の中で育った経緯があり、この光景は良い意味で今でも違和感を感じます。中学1年生が高校生の選手に言いたい事言ったり冗談言ってコミュニケーションを取っている事になりますので。ドイツ限らず、欧州では比較的このような場面は多く見かけます。日本とは異なる異文化の1つだと思っています。

 

毎日30度近くの快晴が続いています。新たなスター選手がドイツから誕生する事を毎年願っています。。。

 

ヨーロッパテニス留学(遠征)HP http://www.masato-sugita.com/index.html

お問い合わせ先 masato.sugita824@gmail.com(椙田/スギタ)

息子達も負けじとクレーコートでテニス、娘はまだまだ。。。

www.truffle-kyukaku.com/

 

藤岡選手が帰国してから数日が経過しましたが、滞在中に彼のテニスを見ながら息子達も色々と刺激を受けたようで、新たにクレーコート用テニスシューズを購入して暑い中テニス頑張っています。自分の思いを託してテニスをさせるというよりも、海外で周りのドイツ人よりも何か1つでも秀でるものを習得してほしい、そしてそれを親として教えれるのがテニスという事で始めていますが順調に取り組んでいます。試合に早い年齢から出場させたいなどは全く考えていませんが、できれば数日間のテニスキャンプ等のイベントに参加させながら同年代のドイツ人と触れ合う機会を設けたいとよく考えています。

 

とはいえ、2人同時となると費用のこともありますし、この時期から参加させてもまだまだ遊び程度のテニスレッスンであったり、そのクオリティーであれば自分が指導できるなど色々と思いめぐらす葛藤が続いております。。。

 

それでも、息子達にとってはテニスは「土の上」でするものという認識が備わり、突然のイレギュラーバウンドに瞬時に反応して打ち返したり、転んだり(傷にならない)、走ったり止まったりを小さな時からクレーコートで経験できているのは自分にとっても良かったなと思っています。そして、やりたいときにいつでもサマーシーズンはできるのが大きな利点です(シーズン会費を一括で払えば、後は使い放題)。

 

www.truffle-kyukaku.com/

 

2歳の娘は、、、もちろんまだまだコート上では10分もすれば飽きてしまいます。自宅での練習がメインです。画像のように監督係でそのまま寝たりしています。。。

 

6月は仕事でドイツ中心にジュニア大会視察が毎週のように続きますが、出来る限り家族との時間も大切にしながらテニスは続けていきたいと思います。

 

ヨーロッパテニス留学(遠征)HP http://www.masato-sugita.com/index.html

お問い合わせ先 masato.sugita824@gmail.com(椙田/スギタ)

クレーコートで自ら打ち込んでいくトレーニングとその難しさ  

www.truffle-kyukaku.com/

 

日本から藤岡選手が到着して5日目。まだ1日オフを入れずに毎日3〜4時間のトレーニングに励んでいます。天候も良く、午前と午後に分けて行う場合もあれば、夕方から夜の9時頃まで行うなど様々。2月に来た時は室内ハードコートがメインでしたので、本格的にアウトドアクレーコートでトレーニングをするのは今回が初めて。やはりこれまでと異なるサーフェスによって大きく乱れてしまうのが打ち続けながらのボールコントロール力。最初のうちは(コートも整備された状態で)気持ちよくプレーしていますが、クレーコートが荒れたり乾き、滑りやコートの柔らかさによりどんどん体力もボールコントロール力も奪われていきます。今回はここを重点的に継続して行えるよう取り組んでいます。このトレーニング方法は、アウトドアクレーコートでしか行えないものと思います。ボールのマークも残りますし、本人も自覚しながらこのサーフェスで有効な技術力習得を目指しています。

 

これからまだまだ2週間以上ありますし、今回は日々焦ることなく、そして最後の1週間はオンコート以外にも追い込みを入れたプログラムを予定しています。

 

本人もこのコートでの難しさはもちろん、コート整備の重要性も学んでいるようで自ら行う行動が増えています。

 

これから欧州は21時を過ぎても照明なしでプレーできるくらい日照時間が長くなってきます。良い季節に突入してきました。

 

ヨーロッパテニス留学(遠征)HP http://www.masato-sugita.com/index.html

お問い合わせ先 masato.sugita824@gmail.com(椙田/スギタ)

試合前のウォーミングアップから相手へ強いメッセージを送るプロ選手

www.truffle-kyukaku.com/

 

試合前に対戦相手と設けられるウォーミングアップ。選手同士、打ち合いのリズムは様々ですが、相手のリズム関係なく試合前から相手を威嚇するかのようにボールへそのメッセージを込めて打ち込む代表的な選手がナダル選手とシャラポワ選手と思っています。今回見ていたドイツのWTA大会に出場していたシャラポワ選手(上記画像は昨年のもの)は、ウォーミングアップの1球目から強烈なボールを打ち続けます。試合になればベースラインから少し離れたところでポディションを取りますが、ウォーミングアップ中はほぼベースライン上に立ち、ライジングでフォアもバックも強くヒットします。(どうしても相手はやりにくそうに見えます)

 

これに似た事を、日本にいた頃に異なるスポーツの監督からも聞いたことがあります。

 

野球でも試合が始まる前に相手チームが見ている前でノックが行われますが、強豪チームの1つである知り合いの監督から、「あの場ではすでにウォーミングアップではなく、相手チームへ自分たちのチームの守備力の高さをアピールしている。だから、あそこでごろの処理や外野からの連携プレイは絶対にミスしてはいけない。そうすることによって相手へこれだけできるんだという無言のメッセージを送っている」と。

 

短期決戦(1セットや8ゲームマッチ)の場合は特に上記のような事も心掛けながら、自分のウォーミングアップは早々に終了させて、試合前にコートに立てば違った意識で相手に向き合うのも重要な取り組み(駆け引き)かもしれません。いつどこで誰に見られているか分かりませんからね。。。

 

ヨーロッパテニス留学(遠征)HP http://www.masato-sugita.com/index.html

お問い合わせ先 masato.sugita824@gmail.com(椙田/スギタ)

大西賢選手、ドイツ・デュッセルドルフ訪れる!日本食堪能!

www.truffle-kyukaku.com/

 

日本人向けのレストランやショップ、サービス面など欧州の中でも充実した街として有名なデュッセルドルフに、スロバキアを拠点としている大西賢選手が2日間だけですが初めて訪問してくれました。今回は、スポーツに精通している日本人マッサージ師に細かな部分までの体のメンテナンスを受ける事を目的に訪れ、初日の夜に日本食レストランの中でも定食が充実しているところで一緒に食事しながら久々に語り合いました。

 

今は少し疲れからくると思われるのが原因で手首に違和感があるようですが、これからスタートする欧州クレーコート大会シーズンに対する強い気持ちを聞き、ちょうど1年が経過するスロバキアでの生活やアカデミーの事を報告してもらいました。同じテニスとはいえ、活動方法や舞台は異なりますがこれからも応援する気持ちを持ち続けながら出来る範囲でサポートしたいと考えています。

 

デュッセルドルフは、事前にインターネットで調べて雰囲気は掴んでいたようですが、ここまで日本人向けに充実した場所である事に、実際に足を運んで驚いていました。私自身も10年以上ここで生活できているのも、この環境のおかげで上手く息抜きしたり助けてくれる方々がいたからだと改めて感慨深くなったと共に、やはりこの環境を活かしてもっと地に足をつけた活動をしていこうと思う瞬間でした。

 

大西選手、「スロバキアへ帰る前に明日の午前中、(日本人経営の)美容院予約しました。」その時は、お〜さすが、よく調べられましたねと返事しましたが、よくよくその後に考えていて、、、「ん、大西選手はこれからも定期的にリラックス兼ねてデュッセルドルフ来るな。。。」と1人で考えていました。。。!今年も頑張ってほしいと思います。

 

*(大西選手へのイメージもあるため)上記掲載画像風景には、多数の日本酒一升瓶が並び日本酒銘柄販売も載っていますがお酒は飲んでいません。ドイツに在籍しているサッカー選手も定期的に訪れる日本食レストランです。念のため。。。

 

ヨーロッパテニス留学(遠征)HP http://www.masato-sugita.com/index.html

お問い合わせ先 masato.sugita824@gmail.com(椙田/スギタ)

津田新之助選手、スロバキアで長期トレーニングスタートです!!

www.truffle-kyukaku.com/

 

日付け変わりましたが、4月11日に日本から大西賢選手に続き2人目となる(今度はジュニアの)津田新之助選手(15歳)がスロバキアにあるエンパイヤアカデミーを拠点とし、これから長期トレーニングに励むため無事に到着しました。昨年末に10日間程トライアルで同アカデミーを訪れ、すぐに気に入ってくれたようです。5月からは新しく完成する施設へ移動して他の同年代ぐらいの選手達とシェアルーム、共同キッチンなどを使用してこれまでと大きく異なる環境で挑戦が始まります。

 

アカデミーのトレーニングだけではなく、これからのクレーコートシーズンに向けてスロバキア含め近隣諸国への遠征も組まれる事になってきます。

 

スロバキアという国で挑戦する志しに応援したくなる強い気持ちと、私自身が発信している情報をもとに行動に移して決断してくれた勇気に親御様のサポート体制含めて感謝しています。これからも時間を掛けながら、このスロバキアにももっと日本から足を運んでもらえるような取り組みをしていきたいと思います。

 

ヨーロッパテニス留学(遠征)HP http://www.masato-sugita.com/index.html

お問い合わせ先 masato.sugita824@gmail.com(椙田/スギタ)

<<back|<1234567>|next>>
pagetop