July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

日本にはない、ヨーロッパで盛んなITFシニア(ベテラン)大会概要!!

http://www.truffle-kyukaku.com/

 (画像真ん中、元40歳以下ITFシニアランキング1位のC.バック氏)

 

 

ヨーロッパのテニス留学やトーナメント遠征については、これまでジュニアを対象にした話題を書いてきましたが、今回は切り口を変えて35歳以上を対象にしたITFシニアツアーに関して。もちろん言葉の通り、インターナショナル(世界)レベルの35歳以上ベテラン大会です。グレードも、ハイレベルなGAからG5まで区分されています。

 

大会によって異なりますが、細かく年代別カテゴリーに区切られています。

 

- 男性: 35, 40, 45, 50, 55, 60, 65, 70, 75, 80, 85

- 女性: 35, 40, 45, 50, 55, 60, 65, 70, 75, 80, 85

 

また、35歳以上・40歳以上・45歳以上のグループをヤングシニアーズ。65歳以上・70歳以上・75歳以上・80歳以上・85歳以上のグループをスーパーシニアーズ、その中間層がシニアーズと呼ばれ、3グループで年に1度、それぞれランキング上位者の世界大会が行われています。

 

2016年を例にすると、ヤングシニアーズとスーパーシニアーズはクロアチア、シニアーズはフィンランドで開催されました。要は、ヨーロッパを中心に盛んに行われているという事です。

 

このシニア大会、日本とヨーロッパの大きな違い、それが日本では開催されていないということです。アジア全体を見ても、年間数大会のみです。

 

ヨーロッパでは、やはりテニス主要国となってくると年間30〜35大会は行われています。ちなみに、私が住んでいるドイツは2016年に34大会が1月から12月までを通して開催予定。もちろん夏はクレーコートサーフェスです。

 

更に興味を引くのが、通常の男女それぞれシングルスとダブルスに加え、ミックスダブルスが正式種目として組み込まれています

 

全日本ベテラン選手権レベルや同大会出場を目指されている皆様、世界大会に挑戦してみたい35歳以上の皆様を対象に、ドイツ大会を中心としてこちらからヨーロッパのシニア大会出場やプロ大会観戦、主要アカデミー視察等を組み込んだ提案ができると考えております。

 

ご興味ございましたら、是非下記までお問い合わせください。

 

Eメール masato.sugita824@gmail.com (椙田)

*正式な会社設立登録が済みますまでは、上記メールアドレスが仮の連絡先となります

pagetop